バスクラ楽器について

バスクラリネットのロング管とショート管|私がロング管に変えた理由

2019年3月13日

Long pipe of Bus clarinet

『バスクラリネットのロング管を購入しようか迷っている』
『どのバスクラリネットのロング管を買ったらいいかわからない』
『現在ショート管を使っていてロング管を購入しようか迷っている』

この記事ではこんな悩みが解決できます。

ここでは

  • バスクラリネットのロング管メリット、デメリット
  • バスクラリネットのロング管どれを買ったらいいか
  • バスクラリネットのロング管とショート管、吹奏感の違い

について解説します。

私は元々バスクラリネットのショート管を購入し、その後ロング管に買い替えたので体験談も交えてお話します。

 

バスクラリネットのロング管|メリットとデメリット

ロング管を選ぶメリット

一番大きなメリットは音域です。

LowCまでの音域がでるので、楽譜上で出ない音をオクターブ上げる必要がない。

ハイトーンの音程が安定している。

 

ロング管を選ぶデメリット

ショート管に比べると重量感がある。

ショート管に比べて値段が高い。

ロング管を購入した後、ショート管にすればよかったというのは聞いたことがないので、せっかく楽器を買うのであればロング管を購入することをお勧めします。

 

バスクラリネットのロング管|おすすめのロング管バスクラ

私のオススメするメーカー

私はクランポンをおすすめしています。

実際プロのバスクラリネット奏者もクランポンを使用している人の方が多いです。

元々私ははセルマーを使用していましたが、留学中に買い替えました。

皆さんがクランポン以外に主に使用しているメーカーはルブラン、ヤマハ、セルマーあたりですが、メーカーによっても吹奏感が違うので自分にはどれが合うのまずは試奏してみましょう。

 

バスクラリネットのロング管|ショート管との吹奏感の違い

ショート管に慣れていると管が長い分、吹きずらさや抵抗は多少感じましたが、それはすぐに慣れます。

初めて吹くのであればLowEsより下の音は少し抵抗があるので息をしっかり入れて吹く必要があります。

ショート管の時よりも、低音のタンポの塞ぎ具合いがあまくなりやすいので、定期的にリペアの時にしっかり塞がっているかを見てもらいましょう。

また、ショート管の時の音程の癖はロング管では変わってきますので、また基礎練習の時などでどの音が高くなりやすいかなど再度確認が必要です。

 

バスクラリネットのロング管まとめ

ショート管が悪いわけではありませんが、決して安くはないのでロング管をおすすめします。

普段、LowCなんて楽譜に出てこなくて、マーチングなどで楽器を持ち上げたりパレードで使用するなどの理由であればショート管の方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

-バスクラ楽器について
-

Copyright© やすなのマーチ , 2020 All Rights Reserved.