バスクラ初心者の方

写真で手順解説|バスクラリネットのリードの正しい付け方

2019年4月19日

楽器を始めたばかりでリードの正しい付け方がわからない人のために

ここでは付け方を写真付きで解説します。

初心者の人で、リードのセッティング時に「髪の毛一本分隙間をあけて」というとかなり間をあけてしまう人もいますが、写真で説明があるくらいの空き間ですので開けすぎ注意です。

リードの付け方が間違っていると音が出ないので、音が出にくいなと感じている人は一度見直してみてください。

バスクラリネットの正しいリードの付け方

まずマウスピースをネックにつけます。

練習中にリードを付ける時も私はネックから外してからつけるか、又はネックを楽器につけたまま楽器を上にあげてのぞき込むようにつけています。

Bassclarinet Lead

マウスピースに線が2本あるので線と線の間にリガチャーが来るようにセットします。

Bassclarinet Lead

こんな感じでリガチャーを先につけます。

リードが先でもいいですが、後からリガチャーを付ける場合はリードの先端が欠けてしまわない様に注意しましょう。

Bassclarinet Lead

少しリガチャーを上に上げて、リードを上から差し込みます。

左手の人差し指でこの様に上げて右手の親指でリードを調整します。

Bassclarinet Lead

リガチャーを線まで下ろしたらリードの先端がマウスピースの先端から髪1本分程度下に下げてセットします。

リードが薄く感じる時は気持ち上に上げ目で、厚い時は気持ち下に下げ目でつけると微調整できます。

そしてしっかりリガチャーをしめたら完成です。

Bassclarinet Lead

スポンサーリンク

-バスクラ初心者の方
-

Copyright© やすなのマーチ , 2020 All Rights Reserved.