もっと上手く吹けるようになりたい方

バスクラリネットのいい音色の出し方

2018年12月26日

How to get a good tone

バスクラリネットの良い音の出し方って?

この質問がレッスンをしていて上位に来る質問かもしれません。

人それぞれ良い音と思う音が違うのでまずは自分の思う良い音を見つけましょう♩

いい音ってどんな音?

①バスクラリネットの音を聴く

今時CDでもYouTubeでも沢山演奏の録音が聴けるので、まずは【自分が好みの音】【出したい音】を見つける事から始めましょう。

なかなか練習ばかりしていて良い演奏を聴かない方が多く見られますが、生の演奏会に足を運ぶ事はとっても重要です。

楽器を吹いてる人はコンクールや発表会、演奏会、何かの本番に向けて吹いている人が多いと思います。

生の演奏を聴くことで音以外にも休符の取り方だったり音の反響や、ステージマナーなど沢山学ぶ事があるので自分の音楽を豊かにするためにも演奏会へ行くことをお勧めします。

②目標の音に近付ける

目標の音を決めたらロングトーンをする時に考えながら吹いてみる。

どうやったら、どのくらいの息をいれて、どの方向に息を吹いたら理想の音に近づくのか。

私は中学の頃、常に研究しながらロングトーンをしていました。

ロングトーンは暇ですし他ごとを考えていては意味がありません。

【あー、お腹空いたなー】【疲れたなー】など他ごとを考えながら吹いていた人は辞めましょう!

まとめ

目標の音を決め、それに近付ける練習をする。

私は中学生の頃、私なりに自分の好みの音があって努力をしましたし、中学1年生から楽器を始め、その年からコンクールメンバーに入り、全国大会にも出場していました。

練習時間はどこの学校もできる時間が決まっています。

その短時間でいかに効率の良い練習をするかで大きな差が出ます。

学生の方によく聞かれる質問でしたので、部活動の練習時間にやってみてください!

スポンサーリンク

-もっと上手く吹けるようになりたい方
-,

Copyright© やすなのマーチ , 2020 All Rights Reserved.