バスクラ初心者の方

【バスクラリネットの魅力】クラリネットとの違いと吹奏楽での役割

2019年7月2日

バスクラリネット

バスクラリネットのすさまじい進化により、近年のモデルはかなり吹きやすい物になってきました。

どのメーカーも甲乙つけがたいくらい吹きやすく、ソロ楽器として大変使いやすくなってきました。

昔は求められていなかった高音も今では出て当たり前になりました。

この記事では部活動などでバスクラリネットをはじめたばかりの方に向けてバスクラリネットの特徴や歴史について簡単に解説しています。

【バスクラリネットの魅力】特徴と役割について

吹奏楽

バスクラリネットとクラリネットの主な違い

一般的にはクラリネットの種類の中にバスクラリネットが入りますが、ここではベークラリネットとバスクラリネットの違いを説明します。

バスクラリネットはベークラリネットの1オクターブ下の音域がでます。

低音楽器の特徴でもあるサイズ感ですが、ベークラリネットよりも倍くらいの長さがあります。

ベークラリネットに比べて音色も豊かな響きがします。

現代ではソロ楽器としても使われていますが、団体での役割はこんな感じになります。

バスクラリネットの吹奏楽における役割

吹奏楽における役割ですが、クラリネットがバイオリンの様にメロディーを吹いている間、バスクラリネットはチェロのやチューバの様に伴奏やハーモニーなどを吹いている事が多いです。

人数で言うと全体が50人くらいいたとして大体バスクラリネットの人数は1~2人ぐらいが平均です。

バスクラリネットの種類

バスクラリネットはベー管が主流で、その中でも種類は素材の違いしかありません。

※A管のバスクラリネットもありますが大変珍しくお店でも置いてなく、今は販売されていない楽器ですし、私も実物を見たことはありません。

グラナディア製

グラナディアの木材1本から出来上がったもので木目がしっかりあるのでひび割れる時は木目に沿って割れます。

グリーンライン

グリーンラインと言ってクランポンの中の種類ですが、砕いたグラナディアと樹脂を溶かしてくっつけたもので見た目は木目がなく音色はグラナディアのものと変わりません。

ただひび割れの心配はないですがぶつけて衝撃を与えると砕ける?欠ける?恐れがあります。

樹脂製(プラ管)

完全に樹脂製でひび割れの心配不要のため、主に野外でのパレードなどで使われることが多いです。

【バスクラリネットの魅力】歴史は浅く、未だ進化の途中

クラリネットは18世紀初頭に発明された楽器で、その100年後にバスクラリネットが登場します。

しかしその当時はまだ現在の形状ではなかったようです。

19世紀に入りようやく現在の形状のバスクラリネットへとアドルフサックスにより改良されました。

それ以降も年々改良されており、バスクラリネットはまだまだ発展途上の楽器と言えます。

アドルフサックスとは

アドルフサックス(1814年~1894年)はベルギーの楽器製作者。

サクソフォーン(Saxophone)やサクソルン(Saxhorn)などの管楽器を考案したことで知られる。

かつてベルギーで発行されていた200フラン紙幣に肖像が使用されていた。

~ウィキペディアより~

【バスクラリネットの魅力】低音で目立つかっこよさ

バスクラリネット

ここではバスクラリネットの魅力についてお話します。

バスクラリネットはとても魅力的な楽器ですよ!

バスクラリネットは本当はかっこいい

吹奏楽では地味な事しかしてないと思われがちですが、ソロ楽器としては今は有名な楽器になりました。

低音の魅力をもったままクラリネットと同じ様な機敏な動き(音)もできます。

バスクラリネットの魅力がわからない人や魅力を知りたい人はYoutubeなどで「バスクラリネット・ソロ」と検索すると沢山かっこいい曲がでてきます。

ドラえもんにバスクラリネットが沢山使われていた

バスクラリネットって名前だけ聞くと知らない人もいるかもしれませんが、意外とあの有名なテレビ番組「ドラえもん」の中で、昔の作品中でBGMとしても多様に使われていた時代もある楽器なんです。

【バスクラリネットの魅力】練習さえすれば特別難易度が高いわけではない

アンサンブル

バスクラリネットとクラリネットは違う楽器と思ってもいいほど違いがあります。

吹き分ける必要があります。

難しいと思っている人はクラリネットの吹き方のまま吹いてしまったり、バスクラリネットの吹き方を知らない人がほとんどです。

私からしたらよく、「バスクラリネットでそんな事できるの?」「バスクラリネットでそれは吹けないよすごいね」など言われたりしますが、それは私が上手いのではありません。

クラリネットの人がクラリネットを簡単に吹くようにバスクラリネットも同じ年数吹いていれば同じ感覚くらいで吹けるはずです。

難しいと思うのはどの楽器でも同じですので、あまり構えすぎずに初心者のうちに正しい知識を付けることで苦手意識も変わってくるでしょう。

スポンサーリンク

-バスクラ初心者の方

Copyright© やすなのマーチ , 2020 All Rights Reserved.