もっと上手く吹けるようになりたい方

本当に必要なの?バスクラリネットでビブラートをかける方法

2019年4月26日

Clarinet

・バスクラリネットのビブラートってどうやってかけるの?

・バスクラリネットでビブラートかける必要あるのか?

ここではこんな悩みが解決できます。

他の楽器は必ず行っているビブラートですがクラリネットでは基本的にしないです。

する必要がないのでマスターする必要もないですが、Jazzyな曲でどうしてもかけたい人のために、この記事では

  • バスクラリネットでのビブラートのかけ方
  • バスクラリネットでビブラートをかける必要はない

について解説します。

 

バスクラリネットでのビブラートのかけ方

ビブラートのかけ方としてはサックスと同じ様な感じで行います。

フルートの様に息の量でビブラートをかけるのではなく、するのであれば下の顎を「わうわうわうわう」という感じで動かしてかけます。

クラリネットの人よりサックスの人にかけ方を聞くとわかりやすいと思います。

 

バスクラリネットでビブラートをかける必要はない

バスクラリネットやクラリネットではビブラートをかける必要がありません。

音が出るか出ないかの音量から音を出せたり、終わりも聞こえるか聞こえないかの音量で消えることができます。

音色もかける必要のない魅力的な音色です。

今まで20年弱楽器を吹いてきてプロになってもビブラートを要求されたりできなくて困ったりしたことは一度もありません。

過去に、スポットライトオンザ・バスクラリネットを作曲家の前で吹いた時は、Jazzyにするために軽くビブラートをした部分もありました。

ですがクラシックでは必要のない事なので、できなくて悩んでいる人は心配しなくて大丈夫です。

 

 

スポンサーリンク

-もっと上手く吹けるようになりたい方

Copyright© やすなのマーチ , 2020 All Rights Reserved.