バスクラ初心者の方

歯並びが悪くてもバスクラリネットは吹ける!原因と対策方法

2019年4月10日

tooth

  • バスクラリネットを吹いていて歯並びが悪いため色々な問題がある
  • 歯並びが悪くてもバスクラリネットを吹けるのか知りたい

ここではこんな悩みが解決できます。

例えば、歯並びが悪いことが原因でマウスピースパッチが破れやすかったり楽器の角度がわからなかったりする人もいます。

しかし、歯並びが原因ではない時もあるので諦めずに改善していきましょう。

この記事では

  • 歯並びが悪く、バスクラリネットのマウスピースパッチが破れやすい
  • 歯並びが悪く、バスクラリネットの角度がわからない
  • 歯並びが悪く、バスクラリネットを吹くと上下の前歯が痛くなる
  • 歯並びが悪く、矯正をしていてもバスクラリネットは吹ける

について解説します。

歯並びが悪く、バスクラリネットのマウスピースパッチが破れやすい

歯の形によって歯が鋭くなっている場合は破れやすい人もいます。

ですが歯並びが悪い程度でしたら、噛みすぎに注意しましょう。

どうしてもマウスピースに対してくわえるとなると噛んでしまう人もいますが、噛むのではありません。

噛んでいる人の特徴としては息を入れて音を出す瞬間にアンブシュアぐにゃっと動く人です。

吹き出しでアンブシュアが動かないように意識をして、噛みすぎていれば直しましょう。

アンブシュアが安定しない人は、必ず毎回練習の時は前に鏡を置いて口が動いていないか確認しましょう。

マウスピースパッチにもどんなものがあるか別の記事で紹介しているのでご覧ください。

バスクラリネットのマウスピースパッチの選び方

『バスクラリネットのマウスピースパッチはどれを選べば良いの?』 『そもそもマウスピースパッチっているの?』 この記事ではこんな疑問にお答えします。 この記事の内容 バスクラリネットのマウスピースパッチ ...

続きを見る

 

歯並びが悪く、バスクラリネットの角度がわからない

歯並びが悪い人で、歯に合わせた角度で楽器を吹いてしまう人もいますが、楽器の角度は変えないで吹きましょう。

座って楽器を構えた時に、姿鏡を見て左右どちらかに傾いていないか、ちゃんと真っすぐになっているか確認しましょう。

姿勢よく座って楽器を構えたときに、膝より楽器が前に出てしまっていないか注意しましょう。

正しくは、少し手前に楽器を引いて、顔は真っすぐのまま楽器を自分に合わせるようにかまえましょう。

楽器が前にでて顔が下を向いてしまわない様に気を付けましょう。

 

歯並びが悪く、バスクラリネットを吹くと上下の前歯が痛くなる

前歯にマウスピースをぐっとあてて楽器を支えますが、上の前歯が痛くなることは殆どないので、もし痛いと感じる人は噛みすぎの傾向があります。

下の前歯は長時間吹いていると痛くなってしまいますが、そういう時は舌の歯にクリーニングペーパーか油取り紙を折って挟む事で痛みは軽減されます。

短時間でも痛くなってしまう人はアンブシュアを見直した方が良いでしょう。

必要以上に噛みすぎると痛くなってしまいます。

マウスピースを噛んでしまっている人は一度ちゃんとプロのレッスンを受けましょう。

 

歯並びが悪く、矯正をしていてもバスクラリネットは吹ける

矯正も物によりますが、治療をしていても演奏している人はいます。

自分が矯正をすることで痛くて吹けないのでなければ問題ないでしょう。

 

スポンサーリンク

-バスクラ初心者の方

Copyright© やすなのマーチ , 2020 All Rights Reserved.