演奏楽曲や楽譜で悩んでいる方

バスクラリネット奏者としてプロになるには?仕事の選択肢とは?

2019年5月3日

Professional

  • バスクラリネット奏者、プロになるにはどうしたらいいか?
  • バスクラリネット奏者になる仕事の選択肢はなにがあるのか?

ここではこんな疑問が解決できます。

この記事では

  • バスクラリネット奏者・プロになる方法
  • バスクラリネット奏者・プロの仕事の選択肢

について解説します。

 

バスクラリネット奏者・プロになる方法

プロの定義は難しいですが、主には楽器を仕事にしている人です。

 

音楽大学を卒業する

音楽大学を卒業する事で専門的な楽器の勉強ができるます。

特殊管を借りることができるので、自分の持っていない低音、高音楽器の仕事を受けることができます。

音楽科とつながれるチャンスがありますから、先生も含め、卒業したら同期や先輩から仕事を依頼されることもありますので人脈を増やせます。

音大に通う事で、人脈だったり仕事のマナーなど学ぶことができますので、仕事のつながりは確実に音大に通った方があります。

フリーランスに関しては、ある程度上手ければ、一番である必要がないんです。

仕事を沢山もっている人が上手い順ではなく、コミュニケーション能力も必要です。

音大にいって楽器が上手くなったからと言って必ず安泰ではないので、自分を売り込む努力も必要です。

 

普通大学を卒業する

まれに普通大学卒業してプロのフリーランスとして活動している方もいますが、人脈がなくても実力がものすごくある人だったり、卒業後すぐにオーケストラに入れちゃったりとその人自身に才能がある人は全く問題ないです。

企業への就職ではないので正直関係ないです。

 

完全なフリーランスからスタートする

大学も通わずにフリーランスになる。

いると思いますが私は今のところお会いしたことがないのでわかりません。

ですが上の項目と同様、企業に就職するのとは違うので実力さえあれば可能です。

 

バスクラリネット奏者・プロの仕事の選択肢

バスクラリネット奏者のプロは3つの種類に分かれます。

 

フリーランス

一番多いのがこのフリーランスです。

色々な仕事をして一定の収入を得ます。

レッスンやエキストラなどです。

自営業になるので、もちろん大変なこともあります。

一般企業と違って福利厚生はなく、退職金もない、高額なローンも組めない。

私はこれが一番大きく感じます。

自分が何歳までこの仕事ができるのか考えると...です。

ただ会社と違い、やったらやった分だけ給料になるので可能性は幅広くあります。

 

音楽隊に所属する

安定したい音楽もやりたいけど、プロのオーケストラに入るのは難しい。

そんな人には音楽隊が向いてます。

音楽だけではなくハードな事もありますが、安定していて楽器を吹くことができます。

音楽大学卒業後、入隊する人もいます。

 

プロの吹奏楽団やオーケストラに入団する

これに入れればとてもいいですがなかなか倍率も高いです。

これは一般企業に就職するようなイメージです。

ただ上手ければいつでも入れるのではなく、入りたい楽団のHPを常にチェックして、自分の楽器の募集がかかったときに応募する事ができます。

 

スポンサーリンク

-演奏楽曲や楽譜で悩んでいる方
-

Copyright© やすなのマーチ , 2020 All Rights Reserved.