バスクラ初心者の方

バスクラリネットの姿勢|良い音を出すには構え方が重要です

2019年4月13日

Sitting woman

  • バスクラリネットの正しい構え方がわからない
  • サックスの様に斜めに構えればいいのか?

ここではこんな疑問が解決します。

学生のレッスンをしていると、間違った構え方や姿勢をしていて出にくい音域があったり、綺麗な音がでなかったりする人が多いです。

「首が前に出てしまっていて猫背になっている」

「楽譜を見るために顔が下を向いてしまっている」

心当たりありませんか?

楽器を上手く吹くためにも姿勢がとっても重要です。

一度自分の姿勢を見直してみてください。

この記事では

  • バスクラリネットの正しい姿勢
  • バスクラリネットの正しい構え方
  • バスクラリネットの正しい座り方

について解説します。

バスクラリネットの正しい姿勢

良い姿勢を意識すると反り腰になってしまいがちですが、反り腰にはならずに座った状態で

  1. 真上に両手をあげてぐっと体を伸ばします。
  2. そのあとに腕をストンとおろします。

力を抜いた時に真っすぐ綺麗な姿勢になります。

 

バスクラリネットの姿勢|楽器の構え方について

サックスの様に体の横には構えず、両足の間に楽器が来るようにしましょう。

横から見たときに下管部分が前に出てしまっていないか確認しましょう。

楽器の下の方を若干体によせて引いた状態が正しい構え方です。

その時、正しい姿勢の状態で顔も前をむいたまま楽器を自分の体に合わせるようにエンドピンを調節しましょう。

顔が正面を向いた状態でクラリネットの様な角度でマウスピースが口に入る様にしましょう。

楽器に対して体を合わせに行くと猫背になりやすいので気を付けましょう。

 

バスクラリネットの姿勢|座り方について

椅子の半分より少し前に座りましょう。

座って足を地面についた状態で足を動かさずにパッと立ち上がれるか確認しましょう。

両足がしっかり地面に付いている状態が正しい座り方です。

重心が両足にしっかりいくので安定します。

 

スポンサーリンク

-バスクラ初心者の方

Copyright© やすなのマーチ , 2020 All Rights Reserved.