バスクラ初心者の方

短くてわかりやすいバスクラリネットの楽器紹介文とおすすめの曲

2019年5月24日

バスクラリネットの楽器紹介を急に頼まれた!

そんなときに堅苦しすぎず、わかりやすく、短く、説明する事ができたらいいですよね。

説明するときはクラリネットと比較しながら紹介するとより分かりやすくなります。

この記事では

  • 堅苦しすぎないバスクラリネットの楽器紹介
  • バスクラリネットの楽器紹介におすすめの曲

について紹介します。

 

堅苦しすぎないバスクラリネットの楽器紹介

音が出る仕組みはB♭クラリネットと一緒で、リードを振動させて音を出します。

B♭クラリネットと比べて倍くらいの長さがあり、(あれば隣にB♭クラリネットを並べて見せる)音域は1オクターブ下の音がでます。

グラナディアという木からできていて着色された黒ではない自然の黒色です。

よくホラーの番組や怪しい場面のBGMで使われることが多いです。

吹奏楽では伴奏やハーモニーを吹いていることが多く、オーケストラではチェロの音域を吹いています。

ですが最近ではソロ楽器としても注目されている楽器です。

 

バスクラリネットの楽器紹介におすすめの曲

選ぶ時は、みんなが知っていそうな短い曲を選ぶと良いでしょう。

 

P.デュカス/魔法使いの弟子より

バスクラリネットらしくディズニーにもでてくる曲で大体の人が聴いたことのある曲ですね。

バスクラリネットの低音を生かしたリズミカルな1曲で使いやすいです。

E.モリコーネ/ニューシネマパラダイス

こちらはゆったりとしたフレーズで、映画音楽なので聴きなじみのある1曲です。

高音過ぎず演奏もしやすいです。

バスクラリネットでメロディ部分を1フレーズくらい吹けばいい感じに収まるでしょう。

 

サン=サーンス/動物の謝肉祭より「白鳥」

これをワンフレーズ程度吹く。

綺麗でバスクラリネットでもメロディー吹けるよって所もアピールできる曲ですね。

 

スポンサーリンク

-バスクラ初心者の方

Copyright© やすなのマーチ , 2020 All Rights Reserved.