もっと上手く吹けるようになりたい方

バスクラリネットを吹くとき頬は膨らませてはいけません

2019年5月20日

 

「吹くときに頬が膨らんでいるのはいいのか?」

「頬が膨らんでしまうときはどうしたらなおるのか?」

ここではこんな疑問にお答えします。

自分が頬を膨らませているのかどうか知らない人もいると思うので、練習の時に鏡を見ながら吹いてみて、自分がどうなっているのか確認しましょう。

この記事では

  • バスクラリネットを吹く時に頬は膨らんでいるとどうなるか
  • バスクラリネットを吹く時、頬の膨らみを直すには

について解説します。

 

バスクラリネットを吹く時に頬は膨らんでいるとどうなるか

頬が膨らんでいると、安定した音と音程がとることができません。

芯のない音になりやすいので膨らんでいるのであれば必ず直しましょう。

膨らんでいるという事はかけなくてもいい場所に余分な力がかかっているという事です。

 

バスクラリネットを吹く時、頬の膨らみを直すには

頬を膨らませてはいけないと意識すれば、その場では直る人が殆どです。

なのでそれをキープする方法になります。

練習の時に鏡を見ながらロングトーンをする。

口の周りの筋肉がないとアンブシュアで支えることができず、頬が膨らんでしまいます。

単純に練習時間が短いのも原因の一つでしょう。

初心者のうちは特に数日休んでしまうだけでアンブシュアがキープしずらくなりますので、毎日頬を意識しながら練習するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

-もっと上手く吹けるようになりたい方

Copyright© やすなのマーチ , 2020 All Rights Reserved.