演奏楽曲や楽譜で悩んでいる方

協奏曲『スポットライト・オンザ・バスクラリネット』の楽曲分析

2019年3月17日

Analysis of Concerto

超有名協奏曲『スポットライト・オンザ・バスクラリネット』の作曲者であるヤンハーデルマン先生へのインタビューに加え、ヤンハーデルマン先生本人の元で行った楽曲分析を公開します。

・バスクラリネットの協奏曲スポットライトの第一楽章

・バスクラリネットの協奏曲スポットライトの第二楽章

・バスクラリネットの協奏曲スポットライトの第三楽章

この記事では、これらの各楽章ごとの楽曲分析を解説していきます。

楽譜を全てここに貼ることはできないのでお持ちの楽譜の小節番号を見て照らし合わせてください。

バスクラリネットの協奏曲スポットライトの第一楽章

・第1楽章のAからBまでのカデンツァの始めの音はフェルマータの様にたっぷり時間を取る。

・15小節目から16小節目にある3連符は次の音に向かってaccelerando する。

・23小説目からの旋律はJazzyになるように、あまり音を短く切らない。

・C31小節目の様なリズムの時は少しアクセントを付けて演奏する事でJazz感を出す。

バスクラリネットの協奏曲スポットライトの第二楽章

・18小節目の16分音符の頭の音(始めの音)にアクセントを付けて演奏する。

・全体的にテンポがゆっくりなので、アクセント、スタッカートを付けメリハリをだして演奏する。

バスクラリネットの協奏曲スポットライトの第三楽章

・1小節目~Aまでは第三楽章のテーマになる部分で、伴奏の音も少なく、殆どバスクラリネットだけになるので、たっぷり時間を使って演奏をし、テーマを印象付ける。

・Cからはピアノが旋律を弾いているのでそれが聴こえる音量で演奏する。

聴こえてくる楽器の音が変わる事で場面の雰囲気も変える事ができる。

・Dからのaccelerandoを1小節早くから始める事でテンポが変わっていくのがより自然になります。

・125小節目からのカデンツァはこの曲の中で最も大きなカデンツァであり、いかに即興のような演奏ができるかが重要です。

ここは楽譜に忠実に演奏すると言うよりも、即興感を出せる様に心がけて演奏する。

・Gからは新しい旋律がでてきて、冒頭の旋律よりもJazzyな演奏がしやすい部分になっているので、雰囲気を変えて演奏します。

・全楽章の中でも1番長い楽章なので、飽きさせずに曲の雰囲気を変える事のできる部分を意識して変化をつけ演奏します。

 

細かく書くとこうなりますが、これをそう感じさせずに自然に演奏する事が重要です。

 

スポンサーリンク

-演奏楽曲や楽譜で悩んでいる方
-,

Copyright© やすなのマーチ , 2020 All Rights Reserved.